作品出展「京焼×九谷焼」アートグミ(金沢)

Filed under: 作品出展 — @ 2010年3月28日

a.k.a.がお届けする九谷焼と京焼作家14名の展覧会です。

九谷焼からは、髑髏の花詰を描いている鈴木朋子さんの新作の花詰や、吉田屋の画風を今に伝える三代三ツ井為吉の御子息である達也さん、また毛筆細字・田村敬星さんから細字技術を継承する田村奈都子さんの作品も必見ですし、デザイン性と機能性の高いシンプルでかわいい九谷焼を発表する庄田春海さん、転写作家という全く新しいジャンルを開拓するルーシーさんの新作(髑髏!)に、おなじみ131歳のねずみの陶工ちゅう右衛門、それぞれ明日を担う気鋭の7人が揃っております。もちろん京焼7人も同様に見逃せません。伝統の継承とあるべき今の工芸の姿を京焼と九谷焼から読み解く面白い展覧会です。
(more…)

お知らせ「九谷茶碗まつり」へのお誘い

Filed under: お知らせ — @ 2010年3月25日

毎年恒例、九谷茶碗まつりの季節が近づいています。長右衛門窯は年に一度の蔵ざらえ、二等品(難ありのB品)を特別価格でご奉仕致します。また去年に引き続き窯を開放して、工場見学なども開催予定です。この機会に是非石川県に遊びにいらして下さい。

イベント概要

「第102回・九谷茶碗まつり」
2010年5月3日(月)ー5月5日(水)
和田山末寺山史跡公園・ふれあいプラザ

詳しい情報はまた後日ご案内致します。

展示風景「上出・九谷・惠悟展 九谷焼コネクション」

Filed under: 個展,展示風景 — @ 2010年3月20日

スパイラルガーデンで行われた上出・九谷・惠悟展 『九谷焼コネクション』は、上出長右衛門窯と上出惠悟の「九谷焼」を媒体とした人や事物、そして過去や未来との「繋がり」をテーマに企画されたものです。九谷焼の歴史を紐解くと、その伝統は決して脈々と繋がってきた訳ではないことが判ります。だからこそ九谷焼は、積極的に様々な様式や時代性を受け入れ吸収して来たと言えます。私は上出長右衛門窯で仕事をする上で、如何にして九谷焼を自由にしようかと考えています。自由とは様々な物を受け入れることにあります。そうやって九谷焼は九谷焼として世界と繋がりを持ち、伝統となっていくのではないでしょうか。平成22年1月に開催された本展が上出長右衛門窯の131年目の幕開けとなりました。(上出長右衛門窯 上出惠悟)

地球儀 染付 習作

(more…)