「新製品のご紹介」(KUTANI CONNEXION)

Filed under: 作品出展 — @ 2017年11月9日

最終

PICNIC 箸置 ののはら

kt_8760

kt_8667

デザイナーの小林幹也氏と作ったピクニックをテーマにデザインした新シリーズ。小林氏と対話を重ね、 室内や都会の中にいても野原や空気を感じさせる食器シリーズから誕生した箸置。大きな蕾のついた枝に止まる小鳥は、実はそれぞれが単体で箸置になっています。使わない時は重ねてオブジェのようにテーブルを飾ることができる二人用の愛らしい箸置です。
小林氏は 1981 年東京都生まれ、2005 年武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科卒業。インテリアデザイン会社勤務後、株式会社小林幹也スタジオ設立。家具、プロダクトからイ ンテリアデザインまで幅広く携わり、国内外の様々な企業とプロジェクトを手掛ける。iF product design award 金賞受賞、red dot award 受賞など受賞歴多数。

http://www.mikiyakobayashi.com

角急須(小) 黒釉黄彩龍TEA字文

22217731_1851407318210259_123306657_o 22197546_1851407311543593_831463489_o TEA小急須

これまで作っていたTEA字の角急須を小さくして、1〜2人でも使いやすいようにしました。元の急須は600ml以上入る大容量でしたが、今回は250ml程度の容量となります。リサイズは金沢を拠点とするsecca(株式会社雪花)に依頼し、作成した3Dデータを元にNC切削加工で型成形を行いました。

伝統的な工芸技術を基盤に、新たな技術と解釈を積極的に取り入れ、ものづくりの新しい価値を提案するベンチャーとして2013年に起業。
代表の上町と、クリエイティブディレクターの柳井が中心となり、デザイナーと職人が技術を高め合いながら自分たちの手でアイデアを次々とカタチにしている。料理人のオリジナルの器を作ったり、ミュージシャンのオリジナルの楽器を作ったりと、アイテムの幅は年々拡がっている。”つくれる”クリエイターが集まり、新しい化学反応を次々とカタチにしていく、そんな組織を目指している。
http://secca.co.jp

コーン盃

コーン盃 切り取りなし

ソフトクリームのコーンに平盃を融合させた独創的な盃です。2010年に開催された青山スパイラルガーデンでの個展KUTANI CONNEXIONでご覧いただいた方もいらっしゃるかもしれません。上から見ると普通の盃と変わりありませんが、横から見るとコーンにしか見えません。土佐のお座敷遊びで有名な「可盃(べくはい)」のように飲み干さなければ置くことができない遊び心のある盃です。http://www.choemonshop.com/choemon/46600.html

干支水滴 戌

犬水滴 切り取りなし

平成三十年の干支「戌」に因んだ水滴(すいてき)です。水滴は硯(すずり)にさす水を入れておく容器のことで、書道で使われる道具ですが、小さなサイズの水滴は熱心なコレクターの方もいらっしゃる愛玩品でもあります。天辺の穴から蛇口を細くして水を注ぎ入れ(または水中に沈めます)、犬の口から少しづつ水を出して使います。ムービーはこちら
http://www.choemonshop.com/choemon/eto-30-40.html

 

干支盃 吹墨戌

 

干支盃長右衛門窯吉例の干支盃です。平成三十年の干支「戌」に因み犬を描きました。人類のパートナーとも言える犬、漢字の犭(けものへん)の成り立ちが「犬」から来ていることからも、古くから私達にとって犬は最も身近な動物だったことが判ります。 吹墨とは染付を霧のように吹き付ける技法のことで、糊伏せした部分に布を張った竹筒で息を吹きかけて染付を噴霧し白く残しています。 犬に付けられたリース(花輪)は、日本の〆飾り同様に豊穣を祈願する意味も込められているようです。

湯呑 笛吹抱犬

笛吹戌

巳年から作り始めた干支限定の笛吹シリーズ。平成三十年の干支「戌」に因み犬を抱く笛吹をモチーフにしています。

三寸丸皿 豆笛吹

IMG_4824使いやすさが人気の三寸丸皿にまるで豆のように小さな笛吹を描きました。

桃染のひな

桃染のひな2 桃染金UP
頬をピンクに染めたかわいらしい九谷焼のお雛様。今年の1月に発表した上出長右衛門窯の新作です。桃染とは日本古来の色の名前で「つきそめ」と読み、浅い桃色のことを言います。少し早いですが、素敵な雛飾りをお探しの方に是非ご覧いただきたいです。

九谷焼CONNEXION

以上の新製品は下記のイベントでも展示販売いたします。お誘い合わせの上是非お運びください。

上出長右衛門窯「KUTANI CONNEXION」

2017年11月15日(水)- 20日(月)
10:00-20:00 (金・土 -21:00、最終日 -18:00)
会場|阪急うめだ本店 9階 アートステージ

■ギャラリートーク(語り手:上出惠悟)
11月15日(水) 14:00- (約60分)
11月19日(日) 14:00- (約60分)

「KUTANI CONNEXION」(大阪)

Filed under: 作品出展 — @ 2017年11月4日

新たな九谷焼との出会いと遊びの場「KUTANI CONNEXION」が三年半ぶりにうめだ阪急(大阪)で開催されます。関西にお住いの方は是非この機会にお運びください。

最終

霊峰白山を仰ぐ北陸、加賀國の地で明治十二年より九谷焼製造に携わる上出長右衛門窯。創業から百三十八年、初代上出長右衛門から数えて六代目にあたる上出惠悟は自らが置かれた環境と身体を遊ばせるかのように作品を発表。ハイメ・アジョンや小林幹也などのデザイナーやファッションブランド、工芸作家や酒造、製茶メーカーとの共同制作や、波佐見焼へのデザイン提供など幅広く活動しています。また自然と人間との関係から熊という存在に関心を持ち、作品制作や食のイベントを企画し、窯の職人たちと共に様々な領域に接続しながら、新たな九谷焼との出会いと遊びの場を提供しています。それはまるで古今東西の陶磁や小袖などの文物からの影響や、久隅守景や青木木米などの陶画工による指導を受けて、多様に変化し発展した九谷焼の歴史を今に体現するかのようです。
本展では長右衛門窯を代表する古典的な器の数々や、上出が遊び心を加えた新しい器、置物、長年上出が取り組んでいる作品を幅広く展覧いたします。

九谷焼CONNEXION
干支盃笛吹戌コーン盃 切り取りなしTEA小急須犬水滴 切り取りなしkt_8760熊蜂蜜瓶
organ1704091728



sansui4

目黒雅叙園で展示された映像作品「電影笛吹樂團」の展示もあります。

上出長右衛門窯「KUTANI CONNEXION」

2017年11月15日(水)- 20日(月)
10:00-20:00 (金・土 -21:00、最終日 -18:00)
会場|阪急うめだ本店 9階 アートステージ

■ギャラリートーク(語り手:上出惠悟)
11月15日(水) 14:00- (約60分)
11月19日(日) 14:00- (約60分)

「Small Things 小さきもの(掌サイズの生活工芸)」(石川)

Filed under: 作品出展 — @ 2017年10月5日

10月6日から金沢で行われる21世紀鷹峯フォーラム第三回in石川・金沢連携企画による石川県立伝統産業工芸館展「Small Things 小さきもの(掌サイズの生活工芸)」に上出長右衛門窯とちゅう右衛門翁の作品が展示されます。

IMG_4020_0000_1
伝統技法を駆使して制作された「掌サイズの生活工芸」品々を集めた、見慣れた工芸品の新たな魅力を発見できる展示となっております。是非ご来場ください。

21世紀鷹峯フォーラム第三回in石川・金沢関連事業
「Small Things 小さきもの(掌サイズの生活工芸)」

10月5日(木)〜12月5日(火) ※10月19日(木)、11月16日(木)は休館
9:00〜17:00(最終日は15:00終了)

会 場:石川県立伝統産業工芸館 1Fギャラリー

入場料:1Fギャラリーは無料

※ちゅう右衛門翁の作品は購入できません。

 
chuemon.jpg
ちゅう右衛門翁:明治十二年生まれ。上出長右衛門窯に創業当時から棲むねずみであり陶工。歯や爪を活かした成形と長い尻尾で絵付を行うなど、ねずみとは思えない高い陶工技術を持ち、2009年、金沢の茶房一笑にて130年の生涯において初の個展を開催。2010年には東京の江東区伝統工芸会の企画で「江戸+加賀の職人 ちゅう右衛門のちゅう文品展」を開催し、7名の職人が実用可能で小さなサイズの工芸作品を制作。同作品群は第1回金沢・世界工芸トリエンナーレにも出品されました。その後いくつかのグループ展に参加し、2010年、2013年に行われた「九谷焼コネクション」では、特設された美術工芸サロンにて個展を開催し話題になりました。5年毎に活動し次回個展は2019年予定。

 

「和のあかり×百段階段2017」(東京)

Filed under: お知らせ,作品出展 — @ 2017年7月29日

東京・目黒、ホテル雅叙園東京で開催中の「和のあかり×百段階段2017」に出展しています。


電影笛吹

「笛吹電影樂團」上出長右衛門窯 上出惠悟

プロジェクション・マッピングで巨大な湯呑に笛吹を投影し、移り変わる風景と共に笛吹、そしてピアノを筆頭に様々な笛吹達が登場する楽しい映像が、百段階段の「鏑木清方の間」で展開されています。夏休みにぴったりのイベントですので、是非ホテル雅叙園東京へお運びください。

「和のあかり×百段階段展2017」~日本の色彩 日本の意匠~

2017年7月1日(土)~ 8月27日(日) 会期中無休
【月曜日~木曜日】10:00~18:00(最終入館17:30)
【金・土・日・祝】10:00~20:00(最終入館19:30)
当日券 1,500円、学生800円、小学生以下無料
http://www.hotelgajoen-tokyo.com/wanoakari/

「用と美のある暮らし ~初夏に向けて」(福岡)

Filed under: 作品出展 — @ 2017年4月13日

福岡の岩田屋本店での催事「用と美のある暮らし ~初夏に向けて」に出店しています。
「笛吹シリーズ」や「招猫」、使いやすい小皿などを販売しております。また東京から桶栄さんやベッ甲イソガイさんらも同時に出店されておりますので、お近くの方は是非この機会にお立ち寄りください。

ラジカセ

用と美のある暮らし ~初夏に向けて~

4月12日(水)~18日(火)  [福岡岩田屋本店 新館6階=ステージ#6]
〒810-8680 福岡市中央区天神2丁目5番35号
電話:092-721-1111(代表)
午前10時~午後8時

「上出長右衛門窯 初窯祭」(ご報告)

Filed under: 作品出展 — @ 2017年2月15日

去る平成二十九年一月十一日早朝、上出長右衛門窯で初窯祭を執り行いました。

初窯はその年初めての窯焚きのことです。九谷業界で最も古いガス窯である長右衛門窯の「ガス窯導入50年目」を迎える本年の初窯の日に、窯の神様に上出長右衛門窯の弥栄を言祝ぎ、家族・職人、関係者一同の健康と安全を祈念する祭典としまして初めて斎行致しました。

当日はご縁頂きました奈良天理の氷室神社より三宅巧祐勝正禰宜にお越し頂き祝詞を奏上して頂きました。年の始まりにふさわしい厳かな空気の中、今年一年心を引き〆め業務に向かう決意を新たに致しました。

Photo by UNIT.DESIGN

Photo by UNIT.DESIGN

Photo by UNIT.DESIGN

Photo by UNIT.DESIGN


初窯祭

初窯祭

初窯祭

初窯祭

初窯祭

Photo by oku yuji

当日の様子をこちらで取材いただきましたので、ぜひご覧ください。
PLART /「みんなで仲良く 進む」【上出長右衛門窯・上出 惠悟】

 

 

「TOKYO CRAFT MARKET」(東京)

Filed under: イベント,作品出展 — @ 2016年10月27日

Tokyo Craft Marketに出店します。国連大学の中庭で皆様にお会いできますのを楽しみにしております。

昔、農民が農閑期に副業して生活用品を自ら作って生計を立てたという話がある。

自然がモチーフとなり、人それぞれの美意識と知恵が形となる。素朴なものもあれば、豪華絢爛なものもある。自然を敏感に感じとり、工夫と遊びを取り入れ、手から生まれまたある人の手へと受け継がれていくもの。

秋から冬に移り変わるころ、紅葉が始まり肌寒くなり旬の食べ物も変わっていく。そんな季節の変わり目に衣食住から秋を感じ、感覚を研ぎ澄ましてクラフトに触れてみよう。

伝承されるべき日本の工芸や世界のCraftmanship、日々の生活からアートを見出していく『TOKYO CRAFT MARKET』第三回を青山・Farmer’s Market @ UNUの会場に開催します!

名称 TOKYO CRAFT MARKET|Season 03 : Fall 2016
日時 2016年10月29日(土) 10時から16時
   2016年10月30日(日)
場所 国連大学屋根下中庭
住所 150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-70 国際連合大学
入場 無料
商品 https://jp.pinterest.com/farmersmarketjp/tokyo-craft-market-03/

「Blue,White&Blue」(東京)

Filed under: イベント,作品出展,個展 — @ 2016年10月6日

omote
「Blue,White,&Blue」

この度、六本木の東京ミッドタウンにある ISETAN SALONE(イセタンサローネ)にて、上出長右衛門窯 上出惠悟「Blue,White,&Blue」 を開催する運びとなりました。

bluewhiteblue-ws

長右衛門窯のブルー

タイトルにもある「Blue&White」は、磁器の特徴的なブルーである染付(そめつけ)のことを言います。染付とは、白色の胎土で成形した素地の上に酸化コバルトを主とした絵具で模様を絵付し、その上に透明釉をかけて高温焼成した陶磁器です。約140年続く九谷焼の窯元である上出⻑右衛門窯は、この染付のブルーにこだわり長年研究を重ねて来ました。やや青みがかった白い素地に様々な図柄を描いた鮮やかな染付は、デザイナー、ハイメ・アジョンも心惹かれた上出長右衛門窯の大きな特徴を示すブルーです。

ura

大きなふくろうのオブジェ

本展では、染付による祥瑞という幾何学文様の大鉢、人気シリーズの笛吹の湯呑やお皿等の器類と、窯の六代目にあたる上出惠悟が描くフクロウと漢字の「寿」が同居した絵柄「寿福老(ことぶくろう)」の高さ約80cmもある大作オブジェなどを出品致します。かつては大型の壺など多く生産し輸出していた九谷業界も、需要のない現在では技術を持つロクロ師はおらず、幾度もの失敗を繰り返しながら約半年かけてようやく出来上がった寿福老の大作を、是非ご覧頂ければと存じます。

img_5254

染付の絵付ワークショップ

ISETAN SALONEの1階のプロモーションスペースにて、上記の作品や製品他、上出惠悟の代表作品「甘蕉」「栄螺」、そして「熊」 をテーマにした作品なども一部展示する予定です。さらにインターネット動画サイトなどでその製作風景が世界中にシェアされ話題を呼んだ上出長右衛門窯の主任絵付師と、上出惠悟が来場し、染付体験ができるワークショップを開催致します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-06-19-27-51

上出長右衛門窯 (上出惠悟)「Blue,White,&Blue」

2016年10月19日(水)-25日(火)
11:00-21:00
ISETAN SALONE 1F プロモーションスペース
(東京都港区赤坂9丁目7番4号 東京ミッドタウン・ガレリア1F/2F、TEL 03-6434-7975)
ISETAN SALONE HP | http://isetan.mistore.jp/store/shinjuku/isetansalone/index.html
主催|ISETAN SALONE
協力|Yoshimi Arts

絵付ワークショップお申し込み

上出長右衛門窯の六代目にあたる上出惠悟が染付について、特にクローズアップする祥瑞についてお話し、主任絵付師の井上幸晴がYouTubeで58万回再生された「上出長右衛門窯の祥瑞画法」を生で実演。その後、湯呑もしくはお皿に自由に染付で絵付をしていただきます。描いた器は後程窯で焼きあげます。
染付について「聞く・見る・描く」と盛り沢山の内容のワークショップです。 

日時|10/22(土)・23(日) 各日①11:30-13:30/②16:00-18:00
会場|イセタンサローネ1F プロモーションスペース
定員|各回10名
参加費|8,000円(税別/材料費込)
内容|
[1]上出惠悟による染付(祥瑞)のお話
[2]絵付師 井上幸晴による染付演(祥瑞・笛吹)
[3]染付体験 ①湯呑(φ7×h8.2cm)/②平皿(φ15×h3cm)の2種類からお選びいただき、笛吹など自由に描いていただきます。 だみ(塗り)はその場で職人が行います。焼成後、12/14(水)より店頭にてお渡し。配送の場合は12/15(木)着より日付指定可
申し込み|イセタンサローネでお電話にて受付  TEL 03-6434-7975

金沢21世紀工芸祭「熊坐之器」(金沢)

Filed under: 作品出展 — @ 2016年8月21日

熊を食するという特別な一夜を金沢主計町・嗜季の料理長今井友和と共にくずし割烹というスタイルで「熊坐之器(ゆうざのき)」と題した夕食会を開催します。上出惠悟が今回の為に器を制作いたします。10名様限定ですのでお早目にお申込みください。

熊坐之器

金沢21世紀工芸祭」は工芸を軸に、街歩きを楽しみ、食を堪能するイベントで、工芸の街金沢が、総力を挙げて初開催する大型フェスティバル。メインイベントである「趣膳食彩(しゅぜんしょくさい)」は、金沢が誇る食文化と工芸の饗宴。金沢の街を深く知るディレクター陣が、工芸作家や料理、空間を独自の感性でコーディネート。この日のためだけに用意されたプレミアムな世界観を五感で味わう、一期一会の総合芸術。

金沢21世紀工芸祭

 

金沢21世紀工芸祭・趣膳食彩「熊坐之器」

日時 2016.10/14 19:00~22:00
場所 嗜季Shiki 石川県金沢市主計町2-10
ご予約はこちらから
http://21c-kogei.jp/program/1640/

「上出長右衛門窯 窯まつり」(石川)

Filed under: 作品出展 — @ 2016年4月19日

2016年4月14日に発生した、熊本県を震源とする地震により亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。


GWに毎年上出長右衛門窯で開催しています「窯まつり」を今年も開催します。現在皆さまをお迎えすべく準備を進めておりますので、是非お誘い合わせの上お越しくださいませ。

第九回「上出長右衛門窯 窯まつり」

窯まつり

九谷焼の窯元・上出長右衛門窯では、日頃の仕事の様子を皆様にご覧頂くとともに、窯と火への感謝を込めて毎年窯まつりを開催しています。期間中は轆轤(ろくろ)場や、絵付場など私たちの仕事場を開放し、間近で職人の技に触れられる他、器の特別割引や蔵出し品の販売。また、絵付入門や轆轤入門などの体験も存分にお楽しみ頂けます。敷地内では地元出店者による美味しい食べ物もご堪能頂けます。

日時:5月3日(火)・4日(水)・5日(木)
時間:9:00-17:00(最終日は16:00迄)
会場:上出長右衛門窯 石川県能美市吉光町ホ65(寺井高校近く)
駐車場:40台程度
参加出店者:めがねの珈琲、おかあさんのパンSeedsのカレー
、乗越、近撥弦楽器、ももとせ、niginigi、こくう、Drucksache&kee.、こびり、かめちようどん
◎出店者によって参加日が異なります。詳細は下記をご覧ください。

窯まつり2016

  • 「たまさか品販売」製造過程で生じる歪みや鉄粉などが見られる品物を年に一度特価で蔵出しします。掘り出し物を見つけに是非お越しください。
    ◎たまさか品とは二等品を意味し、たまたま生じた欠点も特別なものとして楽しんで頂きたいという長右衛門窯独自の呼称です

窯まつり

  • 「工場見学」窯場、轆轤場、鋳込場、絵付場、九谷焼が生まれる現場をすべて解放しています。工場では職人が手を止めずに普段通り仕事をしていますので期間中は随時見学いただけます。※入門イベントや休憩などでご覧いただけない時間もございます
  • 「ちょうえもん入門」本格的な九谷焼が作れる職人入門講座です。自由に自分好みの九谷焼を作りませんか?3つの講座をご用意しました。入門生募集中!
    • 上絵入門
      「九谷五彩」と呼ばれる色彩豊かな上絵付で絵付師に入門。
      3、4、5日/随時受付(9:00-15:30)※5日最終日は9:00-13:00/入門料:器代+1000円(送料別)
      ◎器はたまさか品販売コーナーでお好きな物をお求めください。但しお選び頂けない器もございます。
      窯まつり
  • 染付入門
    長右衛門窯の深い発色の染付で絵付師に入門。
    4、5日のみ/14:00-/定員10名(要予約)/入門料:盃2000円、汲出碗3000円、平皿4000円、湯呑4000円(送料別)
    窯まつり
  • 轆轤(ろくろ)入門
    轆轤を廻して自由な形を作る轆轤師に入門。出来上がりは真っ白ですが、ご希望の方には後日職人が「笛吹」を描き入れることもできます。3、4、5日/3日《①14:00-》、4日《①10:00- ②14:00-》、5日《①10:00- 》/1回につき定員2名(要予約)/入門料:3000円(送料別)◎笛吹描き入れご希望+1500円
    窯まつり※各入門には参加人数が限られておりお待ち頂いたり、ご参加頂けない場合がございます。
  • 夜の窯まつり」4日のみ夜間営業します。昼間とはまた雰囲気の違う工場の風景と真っ赤に燃える窯をご覧いただきながら楽しいひと時をお過ごし下さい。※ちょうえもん入門の開催はございません4日 17:00-20:00
    窯まつり

窯まつり2016.ai参加出店者
窯まつり

 

  • 【喫茶】めがねの珈琲
    3、4、5日/店主 めがねの松本博行さんのオリジナルコーヒーの店。
    「嫁のチーズケーキ」や「あっくんの焼菓子」も販売します。
  • 【食事】おかあさんのパンSeedsのカレー
    3、4、5日/長右衛門窯の職人も毎日食べているパン屋さんがつくるカレーのお店
  • 【菓子】乗越
    3、4、5日/金沢寺町の雑貨とカフェ乗越さんがつくるアイスクリームのお店
  • 【雑貨】近撥弦楽器
    3、4、5日/小松でクラシックギターを制作する近さんが端材で作った小物のお店
  • 【菓子】ももとせ
    3、4日/月に数回オープンする小松のシフォンケーキのお店
  • 【食事】niginigi
    3日/地元産の安心安全な食材、植物性中心のヴィーガンスタイルのお店
  • 【食事】こくう
    3日/国産小麦をつかった金沢にある美味しいちいさなパンラボ。
  • 【雑貨】Drucksache&kee.
    4日/能美市で活動するかわいいハンドメイドアクセサリーのお店
  • 【菓子】こびり
    5日/能美市にある安全で美味しい食材を使用したおやつ屋さん
  • 【食事】かめちようどん
    4日夜/かめちよ店長(狆・犬)の振る舞いわかめうどんのお店

窯まつりお問い合わせ・ご予約

上出長右衛門窯

mail:desk@choemon.com
Tel:0761-57-3344 / Fax:0761-58-5344

◎同時期開催の九谷茶碗祭りにも小さなテントを出店いたします。

チラシに掲載の最寄り駅の情報に誤りがございました。地図にて「寺井駅」との旧表記がございますが、現在は「能美根上」と改称されております。正しくはJR北陸本線「能美根上駅」となりますのでご注意ください。お詫びして訂正いたします。申し訳ございません。

Older Posts »