「恋スル工芸展」(富山)

Filed under: 作品出展 — @ 2015年7月10日

おとなり富山県の黒部市美術館で開催の「恋スル工芸展」に上出惠悟が参加します。

黒部市美術館

新作「SHOWCASE」を展示します。旧作や未発表作品、また窯の歴史を語る貴重な資料、そして新作を含む100点程を一つの陳列棚に納め発表いたします。上出自身が想像する過去と現在の繋がりについて、是非この機会にご覧下さい。

《工芸》は工芸と呼ばれる遥か以前にはそれは未だ見ぬ新たな素材へのときめきがあったのだと思います。《伝統工芸》と呼ばれる現在の工芸は古くから続く歴史への憬れがあります。この二つの工芸の、しかし相反する二つの出発点がどこかで出会うのか、それとも並行に進むだけなのか、そんな事を考えていました。 上出惠悟

本展では、北陸新幹線の開業を記念して、東京・北陸にゆかりのある若手工芸作家6名をご紹介いたします。
近年、金工・陶芸・ガラスの部門において、富山・石川出身の若手作家、またこの地で技術を学んだ作家の全国的な活躍が見られます。
今回は、東京出身の漆芸作家も交え、6名の作家の作品を展示いたします。
この6名に共通しているのが、「工芸」という素材や技術、製作工程において一定の制約がある中で、自由で柔軟な発想を持ち、制作をしている点です。
瑞々しい感性と手業から1点1点生み出される作品は、私たちに驚きと新しい発見を与え日常生活に新たな視点を持たせるきっかけとなり得るでしょう。

【会   期】 2015年7月11日(土)~8月30日(日) 
【開館時間】 午前9時30分~午後4時30分
【休  館 日】 月曜日(但し7月20日は開館)、祝日の翌日(7月21日・22日) 
【観  覧 料】 一般500円(400円)、大学・高校生400円(300円)
         中学生以下無料、各種福祉手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料         
         ( )内は20名以上の団体料金

【学芸員によるギャラリートーク】
         ・日 時 : 7月25日(土)、8月8日(土)、8月15日(土)
                 各日13時30分~(30分程度)
         ・場 所 : 美術館展示室(展覧会観覧券が必要です)

008221