「和のあかり×百段階段2017」(東京)

Filed under: 出店・出品 — @ 2017年7月29日

東京・目黒、ホテル雅叙園東京で開催中の「和のあかり×百段階段2017」に出展しています。


電影笛吹

「笛吹電影樂團」上出長右衛門窯 上出惠悟

プロジェクション・マッピングで巨大な湯呑に笛吹を投影し、移り変わる風景と共に笛吹、そしてピアノを筆頭に様々な笛吹達が登場する楽しい映像が、百段階段の「鏑木清方の間」で展開されています。夏休みにぴったりのイベントですので、是非ホテル雅叙園東京へお運びください。

「和のあかり×百段階段展2017」~日本の色彩 日本の意匠~

2017年7月1日(土)~ 8月27日(日) 会期中無休
【月曜日~木曜日】10:00~18:00(最終入館17:30)
【金・土・日・祝】10:00~20:00(最終入館19:30)
当日券 1,500円、学生800円、小学生以下無料
http://www.hotelgajoen-tokyo.com/wanoakari/

「上出長右衛門窯 上出惠悟展」(岡山)

Filed under: 上出惠悟,個展,出店・出品 — @ 2017年7月5日

岡山高島屋DM 明治十二年に創業した九谷焼窯元 上出長右衛門窯の技術と、窯に生まれた六代目として窯を索引する上出惠悟の感性に触れられる作品を展覧いたします。

「上出長右衛門窯 上出惠悟展」

7月5日(水)-11日(火)
10:00-19:00
*金・土  -20:00、
*最終日 -15:00
岡山髙島屋 7階 美術画廊
〒700-8520
岡山市北区本町6番40号
TEL(086) 232-1111

「用と美のある暮らし ~初夏に向けて」(福岡)

Filed under: 出店・出品 — @ 2017年4月13日

福岡の岩田屋本店での催事「用と美のある暮らし ~初夏に向けて」に出店しています。
「笛吹シリーズ」や「招猫」、使いやすい小皿などを販売しております。また東京から桶栄さんやベッ甲イソガイさんらも同時に出店されておりますので、お近くの方は是非この機会にお立ち寄りください。

ラジカセ

用と美のある暮らし ~初夏に向けて~

4月12日(水)~18日(火)  [福岡岩田屋本店 新館6階=ステージ#6]
〒810-8680 福岡市中央区天神2丁目5番35号
電話:092-721-1111(代表)
午前10時~午後8時

「ちょうえもん招猫展」(名古屋)

Filed under: 出店・出品 — @ 2017年2月28日

東京大阪金沢、福を運ぶちょうえもん招猫が名古屋にも参ります。

招猫集合写真s

上出長右衛門窯の招猫は、幸せそうな表情やマットな質感、そして前掛けの色絵と、振ると音が鳴る大きな鈴が特徴です。右手を挙げているのは金運、左手は人(お客さま)を招くと言われています。
今回、名古屋のイセタンハウス1周年を記念して沢山の招猫が並びます。一点物の招猫も並ぶので一期一会な猫との出会いを是非お楽しみください(一点物は受注不可となっております)。

上出長右衛門窯「ちょうえもん招猫」特集

3月1日(水)~3月14日(火)
11:00-21:00
ISETAN HAUS 1F Re-Style
愛知県名古屋市中村区名駅3-28-12 大名古屋ビル Shops&Restaurants
052-224-2222(大代表)

「ちょうえもん招猫展」(石川)

Filed under: 出店・出品 — @ 2017年2月13日

沢でも「ちょうえもん招猫展」が開催されます。
招き猫

上出長右衛門窯の招猫は、幸せそうな表情やマットな質感、そして前掛けの色絵と、振ると音が鳴る大きな鈴が特徴です。

右手を挙げているのは金運、左手は人(お客さま)を招くと言われています。

今回、招猫が金沢の広坂にあるお店[gift ギフト]に並びます。一点物の招猫も並ぶので一期一会な猫との出会いを是非お楽しみください(一点物は受注不可となっております)。

tumblr_ol8vupB18v1tm72o6o1_500

「ちょうえもん招猫展」

[g]ift ギフト/ 金沢広坂店
石川県金沢市広坂1-2-18-1F
電話: 076-222-2126
営業時間: 10:00〜18:00
定休日:月曜日

2017年2月14日(火)〜3月8日(水)

「旨し、美し。金沢・加賀・能登」(大阪)

Filed under: 出店・出品 — @ 2017年1月13日

今年も阪急うめだ本店の催事場で開催される「旨し、美し。金沢・加賀・能登」に出店します。今回は昨年より試作して参りました九谷焼の雛人形「桃染のひな」を全国に先駆けて発表、販売いたします。
桃染のひな2

「桃染のひな」

頬をピンクに染めたかわいらしい九谷焼のお雛様。「金沢・加賀・能登」展が初出しの上出長右衛門窯の新作です。桃染とは日本古来の色の名前で「つきそめ」と読み、浅い桃色のことを言います。
桃染UPどこか恥ずかしがっているようにうっすらと頬を染めています。女雛は梅と松、男雛は藤と松を描いています。
桃染金UP絵柄のないシンプルな金バージョン(金しろ)もつくりました。
桃染のひな木箱がそのまま雛壇になります。赤い毛氈(もうせん)をお付けします。
招猫昨年に続き、ちょうえもん招猫も少量生産の猫達も含めて大集合(写真はイメージです)。もちろん各種食器も出品します。

桃染のひな(松に梅・松に藤)/上出長右衛門窯/¥38,000(木箱・毛氈付)

桃染のひな(金しろ)/上出長右衛門窯/¥23,000(木箱・毛氈付)

「桃染のひな」や「ちょうえもん招猫」をご購入をご検討の方は、在庫が限られますので是非ともお早めにお運び下さい。
title

旨し、美し。金沢・加賀・能登

1月18日(水)~23日(月)

阪急うめだ本店
大阪府大阪市北区角田町8番7号 9階催場
TEL:06-6361-1381

日~木曜日 午前10時~午後8時
金・土曜日 午前10時~午後9時
阪急「梅田」駅から徒歩約3分
阪神「梅田」駅から徒歩約3分
JR「大阪」駅から徒歩約4分
地下鉄御堂筋線「梅田」駅から徒歩約2分
地下鉄谷町線「東梅田」駅から徒歩約2分
地下鉄四つ橋線「西梅田」駅から徒歩約6分
JR東西線「北新地」駅から徒歩約8分

最終日:午後8時まで

 

「AKOMEYA/上出長右衛門窯 白地の器市」(東京)

Filed under: 出店・出品 — @

弊社製品を多く扱ってくださっているAKOMEYA銀座店で開催される「AKOMEYA 蚤の市」で上出長右衛門窯の白地の器市が開かれます。

img201701fleamarket15

上出長右衛門窯 白地の器市

1月21日(土)〜2月3日(金)
AKOMEYA TOKYO 銀座店
〒104-0061 東京都中央区銀座2-2-6
03-6758-0270
11:00〜21:00(最終日は17:00)

「縞模様のないシマウマのようなもの」

絵付が主役である九谷の産地では、何も描いていない白い器を「素地(きじ)」と呼びます。素地は絵の具などと同じ材料のひとつのように考えられているので、普段は素地の状態でお客様にお売りすることはありません。これは九谷の人にとって一番大切な工程である絵付をしないことは「重大な手抜き」でしかなく、いくら世間で白い器が流行っていても、そのような考えをそもそも持っていないからです。九谷焼から絵付を取ることは縞模様のないシマウマのようなもので、決して切り離すことのできない生まれ持ったアイデンティティーなのだと思います。しかしながら自分たちの、上出長右衛門窯の素地について今一度考えてみますと、分業制ではなく全ての工程を一貫で生産している私たちだからこそ胸を張って言えることがありました。絵付が主役であることに違いはありませんが、素地だってひとつひとつ丹精込めて作っているのです。この道40年のロクロ師がずっと縁の下を支えています。そうやって出来上がった真っさらな素地と対峙し、絵付師がそこに何を描こうかと考える時、そこには何にも囚われない喜びがあります。しかしもしかするとここで私たちの素地を手に取って頂いた皆様にとっても同じ喜びをお持ち頂けるかもしれません。長右衛門窯の白い器は大切なご家族やご友人をもてなす為の材料のひとつとしてきっとお役に立てるのではないかと思います。

IMG_3273

「ちょうえもん招猫展」(東京)

Filed under: 出店・出品 — @ 2016年12月31日

新春の伊勢丹新宿店で「ちょうえもん招猫展」が開催されます。

招き猫

上出長右衛門窯が2015年から作り始めた招猫は、個性的で幸せそうな表情や、無釉のマットな質感、そして前掛けに描いた鮮やかな色絵と、実際に音が鳴る大きな鈴が特徴です。右手を挙げているのは金運、左手は人(客)を招くと言われています。

今回は一点物ばかりの招猫がちょうど77体が伊勢丹新宿店のウエストパークに一堂に会します。一期一会な猫との出会いを是非お楽しみください(受注不可となっております)。

「ちょうえもん招猫展」(東京)

伊勢丹新宿店本館5階=ウエストパーク(キッチンダイニング側)
2017年1月3日(火)
〜10日(火)

「TOKYO CRAFT MARKET」(東京)

Filed under: 出店・出品 — @ 2016年10月27日

Tokyo Craft Marketに出店します。国連大学の中庭で皆様にお会いできますのを楽しみにしております。

昔、農民が農閑期に副業して生活用品を自ら作って生計を立てたという話がある。

自然がモチーフとなり、人それぞれの美意識と知恵が形となる。素朴なものもあれば、豪華絢爛なものもある。自然を敏感に感じとり、工夫と遊びを取り入れ、手から生まれまたある人の手へと受け継がれていくもの。

秋から冬に移り変わるころ、紅葉が始まり肌寒くなり旬の食べ物も変わっていく。そんな季節の変わり目に衣食住から秋を感じ、感覚を研ぎ澄ましてクラフトに触れてみよう。

伝承されるべき日本の工芸や世界のCraftmanship、日々の生活からアートを見出していく『TOKYO CRAFT MARKET』第三回を青山・Farmer’s Market @ UNUの会場に開催します!

名称 TOKYO CRAFT MARKET|Season 03 : Fall 2016
日時 2016年10月29日(土) 10時から16時
   2016年10月30日(日)
場所 国連大学屋根下中庭
住所 150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-70 国際連合大学
入場 無料
商品 https://jp.pinterest.com/farmersmarketjp/tokyo-craft-market-03/

「Blue,White&Blue」(東京)

Filed under: 上出惠悟,個展,出店・出品 — @ 2016年10月6日

omote
「Blue,White,&Blue」

この度、六本木の東京ミッドタウンにある ISETAN SALONE(イセタンサローネ)にて、上出長右衛門窯 上出惠悟「Blue,White,&Blue」 を開催する運びとなりました。

bluewhiteblue-ws

長右衛門窯のブルー

タイトルにもある「Blue&White」は、磁器の特徴的なブルーである染付(そめつけ)のことを言います。染付とは、白色の胎土で成形した素地の上に酸化コバルトを主とした絵具で模様を絵付し、その上に透明釉をかけて高温焼成した陶磁器です。約140年続く九谷焼の窯元である上出⻑右衛門窯は、この染付のブルーにこだわり長年研究を重ねて来ました。やや青みがかった白い素地に様々な図柄を描いた鮮やかな染付は、デザイナー、ハイメ・アジョンも心惹かれた上出長右衛門窯の大きな特徴を示すブルーです。

ura

大きなふくろうのオブジェ

本展では、染付による祥瑞という幾何学文様の大鉢、人気シリーズの笛吹の湯呑やお皿等の器類と、窯の六代目にあたる上出惠悟が描くフクロウと漢字の「寿」が同居した絵柄「寿福老(ことぶくろう)」の高さ約80cmもある大作オブジェなどを出品致します。かつては大型の壺など多く生産し輸出していた九谷業界も、需要のない現在では技術を持つロクロ師はおらず、幾度もの失敗を繰り返しながら約半年かけてようやく出来上がった寿福老の大作を、是非ご覧頂ければと存じます。

img_5254

染付の絵付ワークショップ

ISETAN SALONEの1階のプロモーションスペースにて、上記の作品や製品他、上出惠悟の代表作品「甘蕉」「栄螺」、そして「熊」 をテーマにした作品なども一部展示する予定です。さらにインターネット動画サイトなどでその製作風景が世界中にシェアされ話題を呼んだ上出長右衛門窯の主任絵付師と、上出惠悟が来場し、染付体験ができるワークショップを開催致します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-06-19-27-51

上出長右衛門窯 (上出惠悟)「Blue,White,&Blue」

2016年10月19日(水)-25日(火)
11:00-21:00
ISETAN SALONE 1F プロモーションスペース
(東京都港区赤坂9丁目7番4号 東京ミッドタウン・ガレリア1F/2F、TEL 03-6434-7975)
ISETAN SALONE HP | http://isetan.mistore.jp/store/shinjuku/isetansalone/index.html
主催|ISETAN SALONE
協力|Yoshimi Arts

絵付ワークショップお申し込み

上出長右衛門窯の六代目にあたる上出惠悟が染付について、特にクローズアップする祥瑞についてお話し、主任絵付師の井上幸晴がYouTubeで58万回再生された「上出長右衛門窯の祥瑞画法」を生で実演。その後、湯呑もしくはお皿に自由に染付で絵付をしていただきます。描いた器は後程窯で焼きあげます。
染付について「聞く・見る・描く」と盛り沢山の内容のワークショップです。 

日時|10/22(土)・23(日) 各日①11:30-13:30/②16:00-18:00
会場|イセタンサローネ1F プロモーションスペース
定員|各回10名
参加費|8,000円(税別/材料費込)
内容|
[1]上出惠悟による染付(祥瑞)のお話
[2]絵付師 井上幸晴による染付演(祥瑞・笛吹)
[3]染付体験 ①湯呑(φ7×h8.2cm)/②平皿(φ15×h3cm)の2種類からお選びいただき、笛吹など自由に描いていただきます。 だみ(塗り)はその場で職人が行います。焼成後、12/14(水)より店頭にてお渡し。配送の場合は12/15(木)着より日付指定可
申し込み|イセタンサローネでお電話にて受付  TEL 03-6434-7975

« Newer PostsOlder Posts »