「九谷の碗と常滑の急須」(石川)

Filed under: 個展 — @ 2014年12月10日

九谷焼窯元・上出長右衛門窯が作る多様な絵付の茶碗と、常滑の急須職人・村田益規が作る多様な形の急須の展覧会。
第三回となる合同展、職人同士が互いに幾度も工房を訪れ技を切瑳し、より磨きがかかった両者の仕事をぜひご覧頂きたく思います。産地を越えた出会いをどうぞお楽しみください。

常滑焼

74738_389332887813711_1372023879_n 599024_380324355381231_2138143586_n IMG_0060

 

「九谷の碗と常滑の急須」上出長右衛門窯と村田益規

会期:平成27年1月3日(土)~1月29日(木)

茶房一笑

10時―18時(喫茶ラストオーダー17時半)
月曜定休(月曜祝日の場合は翌日休業)
〒920-0831石川県金沢市東山1-26-13
TEL/076-25-0108

村田益規(むらたよしき)

1950年常滑生まれ。常に探究心を持ち続けながら独自に生み出されたさまざまな形と精巧な技術により、嗜好性の高い日本茶を楽しむための急須を多く生み出している。

第一回(石川)
第二回(福岡)

※写真の茶托は非売品。

「九谷の茶碗と常滑の急須 @ 群青」(福岡)

Filed under: 個展,出店・出品 — @ 2013年3月25日

昨年10月に金沢で開催された「九谷の茶碗と常滑の急須」展が福岡を巡回します。会場は同じく4月に展示をさせて頂いた「群青」です。
常滑といえば急須、急須といえば常滑。朱泥の常滑と染付の九谷、産地を越えた出会いにどうぞうっとりして下さい。


前回好評であった上出長右衛門窯が今回も群青でご覧頂けます。
今回は、「お茶の時間を楽しんで頂く」をテーマに九谷の茶碗と常滑(とこなめ)から届いた急須を展示します。
「急須でお茶の味が違うんですよ」と上出夫妻から伺ったのが、この企画展のきっかけでした。
急須でお茶の味が変わるなどと考えておらず、むしろ、お茶の葉や湯の温度、器などに目を向けていたので、夫妻の話にとても惹きつけられました。
朱泥(しゅでい)急須は誰しもが思い浮かべる事の出来る、日本で最も愛用されている急須と言われてます。
しかしそれ故に量産品粗悪品も多く、産業として衰退していく現在、職人がつくりだす
本来の常滑急須の技術やその価値に触れることは多くないと思われます。
常滑焼朱泥急須は、釉薬をかけずに焼く「焼き締め」技法により土の表面に無数の小さな穴が空いています。
この穴と酸化鉄を多く含んだ土で作るためお茶をいれた時にお茶のタンニンと反応し苦みがとれ味がまろやかになると言われてます。 (群青ホームページより)

「九谷の碗と常滑の急須」上出長右衛門窯展

群青 

〒810-0045 福岡市中央区草香江1丁目6-40 大濠サザンハイツ1階
TEL/FAX 092-722-1616

平成25年 4月13日(土)ー 22日(月)

会期中無休 12時 ー 19時 (最終日は17時まで)

※13日(土)は、上出恵悟在店

※期間中 加賀棒茶 丸八製茶場 の試飲/販売もございます。

※20(土).21(日)『 KUTANI SEAL WORKSHOP』の詳細は、こちらをご覧ください。

経緯

長右衛門窯でも急須を作ってはいるが、常滑にはどうにも敵わないと感じていたそんな折に、急須コンシェルジュ・小濱綾子(こはまあやこ)さんと偶然出会った。急須に惹かれ常滑に移住された小濱さんはその魅力やお茶を楽しむ時間を伝える活動をされていて、本展はそんな彼女の協力なしには実現できなかった。
初めて常滑の職人・村田益規(むらたよしき)さんの工房にお邪魔した際、益規さんは惜しげもなく作品を見せてくれ、次々と出て来る急須に僕は感嘆し、益規さんはふんふんとハミングしておられた。その魅力は是非とも実際に手に取ってご覧頂きたいと思う。暑いはずの真夏の工房で僕は蚊に刺されることも厭わず、急須に夢中になった。
益規さんは60代前半。人がやらないことをやるという一貫した姿勢で、日々の仕事の中でも探求心を忘れない。ご本人はそれを「稽古」と仰っていた。「稽古」という言葉に、仕事への敬意や益規さんの生き方そのものが感じられる。
お茶は今も昔も嗜好品に違いない。益規さんは急須が台所の道具となってしまったことに危惧されていたが、急須もお茶も男性にこそもっと楽しんで頂きたい。益規さんの急須はテーブルまで運んで来たくなる。
急須やお茶をいれる事がこんなに楽しいものなのかと感じてくださると非常に嬉しい。急須はポーダブルだ。自宅でもオフィスでも使って欲しいと思う。

上出長右衛門窯 上出惠悟 平成24年10月(平成25年3月追記)


「九谷の碗と常滑の急須」のお知らせ(石川)

Filed under: 個展,出店・出品 — @ 2012年10月2日

この度、上出長右衛門窯は「お茶の時間を楽しんで頂く」をテーマに、九谷の碗と常滑から届いた村田益規(よしき)さんの急須を展示します。
常滑といえば急須、急須といえば常滑。朱泥の常滑と染付の九谷、産地を越えた出会いにうっとり。お茶はもちろん茶房一笑、皆様のお越しをお待ちしています。


経緯

長右衛門窯でも急須を作ってはいるが、常滑にはどうにも敵わないと感じていたそんな折に、急須コンシェルジュ・小濱綾子(こはまあやこ)さんと偶然出会った。急須に惹かれ常滑に移住された小濱さんはその魅力やお茶を楽しむ時間を伝える活動をされていて、本展はそんな彼女の協力なしには実現できなかった。
先月、小濱さんと常滑の職人・村田益規(むらたよしき)さんの工房にお邪魔した。益規さんは惜しげもなく作品を見せてくれ、次々と出て来る急須に僕は感嘆し、益規さんはふんふんとハミングしておられた。その魅力は是非とも実際に手に取ってご覧頂きたいと思う。僕は蚊に刺されることも厭わず、急須を拝見した。
益規さんは62歳。人がやらないことをやるという一貫した姿勢で、日々の仕事の中でも探求心を忘れない。ご本人はそれを「稽古」と仰っていた。「稽古」という言葉に、仕事への敬意や益規さんの生き方そのものが感じられる。
お茶は今も昔も嗜好品に違いない。益規さんは急須が台所の道具となってしまったことに危惧されていたが、急須もお茶も男性にこそもっと楽しんで頂きたい。益規さんの急須は机まで持って来たくなる。本展では九谷焼と常滑焼の出会いに新たな発見をして頂けるよう展示した。
急須やお茶をいれる事がこんなに楽しいものなのかと感じてくださると非常に嬉しい。

上出長右衛門窯 上出惠悟

「九谷の碗と常滑の急須」上出長右衛門窯展

茶房一笑
10月3日(水)―11月4日(日)
10時―18時(喫茶ラストオーダー17時半)
月曜定休 *10月8日(月)は祝日につき営業(翌火曜日休)
〒920-0831石川県金沢市東山1-26-13
TEL/076-25-0108

協力:急須コンシェルジュ・小濱綾子「綾茶のお茶時間」 村田益規

 

急須コンシェルジュ・小濱綾子ワークショップ

お茶の時間を楽しむということをテーマに、急須コンシェルジュで日本茶インストラクターの小濱綾子(こはまあやこ)さんをお呼びして、お話&ワークショップを開催。常滑急須と九谷焼の楽しみ方をご提案します。

10月8日(月祝)
茶房一笑 2階ギャラリー

第一回:13時―14時
第二回:15時ー16時
参加費:1,000円
各回定員:8名
講師:小濱綾子

お問い合わせ
上出長右衛門窯 上出あゆ子
ayuko @ choemon.com

ペットボトルのお茶を買う時代に、急須でお茶をいれる楽しみを是非!

「新製品のご紹介」(KUTANI CONNEXION)

Filed under: KUTANI CONNEXION,お知らせ — @ 2017年11月9日

最終

PICNIC 箸置 ののはら

kt_8760

kt_8667

デザイナーの小林幹也氏と作ったピクニックをテーマにデザインした新シリーズ。小林氏と対話を重ね、 室内や都会の中にいても野原や空気を感じさせる食器シリーズから誕生した箸置。大きな蕾のついた枝に止まる小鳥は、実はそれぞれが単体で箸置になっています。使わない時は重ねてオブジェのようにテーブルを飾ることができる二人用の愛らしい箸置です。
小林氏は 1981 年東京都生まれ、2005 年武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科卒業。インテリアデザイン会社勤務後、株式会社小林幹也スタジオ設立。家具、プロダクトからイ ンテリアデザインまで幅広く携わり、国内外の様々な企業とプロジェクトを手掛ける。iF product design award 金賞受賞、red dot award 受賞など受賞歴多数。

http://www.mikiyakobayashi.com

角急須(小) 黒釉黄彩龍TEA字文

22217731_1851407318210259_123306657_o 22197546_1851407311543593_831463489_o TEA小急須

これまで作っていたTEA字の角急須を小さくして、1〜2人でも使いやすいようにしました。元の急須は600ml以上入る大容量でしたが、今回は250ml程度の容量となります。リサイズは金沢を拠点とするsecca(株式会社雪花)に依頼し、作成した3Dデータを元にNC切削加工で型成形を行いました。

伝統的な工芸技術を基盤に、新たな技術と解釈を積極的に取り入れ、ものづくりの新しい価値を提案するベンチャーとして2013年に起業。
代表の上町と、クリエイティブディレクターの柳井が中心となり、デザイナーと職人が技術を高め合いながら自分たちの手でアイデアを次々とカタチにしている。料理人のオリジナルの器を作ったり、ミュージシャンのオリジナルの楽器を作ったりと、アイテムの幅は年々拡がっている。”つくれる”クリエイターが集まり、新しい化学反応を次々とカタチにしていく、そんな組織を目指している。
http://secca.co.jp

コーン盃

コーン盃 切り取りなし

ソフトクリームのコーンに平盃を融合させた独創的な盃です。2010年に開催された青山スパイラルガーデンでの個展KUTANI CONNEXIONでご覧いただいた方もいらっしゃるかもしれません。上から見ると普通の盃と変わりありませんが、横から見るとコーンにしか見えません。土佐のお座敷遊びで有名な「可盃(べくはい)」のように飲み干さなければ置くことができない遊び心のある盃です。http://www.choemonshop.com/choemon/46600.html

干支水滴 戌

犬水滴 切り取りなし

平成三十年の干支「戌」に因んだ水滴(すいてき)です。水滴は硯(すずり)にさす水を入れておく容器のことで、書道で使われる道具ですが、小さなサイズの水滴は熱心なコレクターの方もいらっしゃる愛玩品でもあります。天辺の穴から蛇口を細くして水を注ぎ入れ(または水中に沈めます)、犬の口から少しづつ水を出して使います。ムービーはこちら
http://www.choemonshop.com/choemon/eto-30-40.html

 

干支盃 吹墨戌

 

干支盃長右衛門窯吉例の干支盃です。平成三十年の干支「戌」に因み犬を描きました。人類のパートナーとも言える犬、漢字の犭(けものへん)の成り立ちが「犬」から来ていることからも、古くから私達にとって犬は最も身近な動物だったことが判ります。 吹墨とは染付を霧のように吹き付ける技法のことで、糊伏せした部分に布を張った竹筒で息を吹きかけて染付を噴霧し白く残しています。 犬に付けられたリース(花輪)は、日本の〆飾り同様に豊穣を祈願する意味も込められているようです。

湯呑 笛吹抱犬

笛吹戌

巳年から作り始めた干支限定の笛吹シリーズ。平成三十年の干支「戌」に因み犬を抱く笛吹をモチーフにしています。

三寸丸皿 豆笛吹

IMG_4824使いやすさが人気の三寸丸皿にまるで豆のように小さな笛吹を描きました。

桃染のひな

桃染のひな2 桃染金UP
頬をピンクに染めたかわいらしい九谷焼のお雛様。今年の1月に発表した上出長右衛門窯の新作です。桃染とは日本古来の色の名前で「つきそめ」と読み、浅い桃色のことを言います。少し早いですが、素敵な雛飾りをお探しの方に是非ご覧いただきたいです。

九谷焼CONNEXION

以上の新製品は下記のイベントでも展示販売いたします。お誘い合わせの上是非お運びください。

上出長右衛門窯「KUTANI CONNEXION」

2017年11月15日(水)- 20日(月)
10:00-20:00 (金・土 -21:00、最終日 -18:00)
会場|阪急うめだ本店 9階 アートステージ

■ギャラリートーク(語り手:上出惠悟)
11月15日(水) 14:00- (約60分)
11月19日(日) 14:00- (約60分)

「KUTANI CONNEXION」(大阪)

Filed under: KUTANI CONNEXION,個展 — @ 2017年11月4日

新たな九谷焼との出会いと遊びの場「KUTANI CONNEXION」が三年半ぶりにうめだ阪急(大阪)で開催されます。関西にお住いの方は是非この機会にお運びください。

最終

霊峰白山を仰ぐ北陸、加賀國の地で明治十二年より九谷焼製造に携わる上出長右衛門窯。創業から百三十八年、初代上出長右衛門から数えて六代目にあたる上出惠悟は自らが置かれた環境と身体を遊ばせるかのように作品を発表。ハイメ・アジョンや小林幹也などのデザイナーやファッションブランド、工芸作家や酒造、製茶メーカーとの共同制作や、波佐見焼へのデザイン提供など幅広く活動しています。また自然と人間との関係から熊という存在に関心を持ち、作品制作や食のイベントを企画し、窯の職人たちと共に様々な領域に接続しながら、新たな九谷焼との出会いと遊びの場を提供しています。それはまるで古今東西の陶磁や小袖などの文物からの影響や、久隅守景や青木木米などの陶画工による指導を受けて、多様に変化し発展した九谷焼の歴史を今に体現するかのようです。
本展では長右衛門窯を代表する古典的な器の数々や、上出が遊び心を加えた新しい器、置物、長年上出が取り組んでいる作品を幅広く展覧いたします。

九谷焼CONNEXION
干支盃笛吹戌コーン盃 切り取りなしTEA小急須犬水滴 切り取りなしkt_8760熊蜂蜜瓶
organ1704091728



sansui4

目黒雅叙園で展示された映像作品「電影笛吹樂團」の展示もあります。

上出長右衛門窯「KUTANI CONNEXION」

2017年11月15日(水)- 20日(月)
10:00-20:00 (金・土 -21:00、最終日 -18:00)
会場|阪急うめだ本店 9階 アートステージ

■ギャラリートーク(語り手:上出惠悟)
11月15日(水) 14:00- (約60分)
11月19日(日) 14:00- (約60分)

「東急プラザ銀座開業記念アートエキシビジョン」(東京)

Filed under: お知らせ,上出惠悟,個展 — @ 2016年4月12日

2016年3月31日にオープンした大型商業施設「東急プラザ銀座」のポスターなどのビジュアルに、上出惠悟がデザインした上出長右衛門窯 TEAシリーズの急須を使用して頂きました。また4月11日より6階KIRIKO LOUNGEにて「開業記念アートエキシビジョン”伝統と革新”展 第2期 上出惠悟」が開催されています。

Ce3iNTHVAAAQNTy.jpg-large
本展の為に制作された新作を含む上出惠悟と上出長右衛門窯の作品約10点を展示しています。新作は本展でのみ展示予定ですので是非この機会にお運びください。

G50015

オープンスペースですので、ご自由にご覧いただけます。

“伝統と革新”展 第2期:上出惠悟

2016年4月11日(月)-20日(水) *18日(月)除く
11:00-23:00(平日・土)、11:00-21:00(日・祝日)
会場 | 東急プラザ銀座 6F KIRIKO LOUNGE
東京都中央区銀座5-2-1
http://ginza.tokyu-plaza.com/
*会場の都合により、上記開催日程・時間が変更なる場合あり

「伝統とわたし」(東京)

Filed under: 出店・出品 — @ 2013年10月23日

代官山 蔦屋書店で行われる「伝統とわたし」展に出品します。本展では参加者のみなさんに「わたしの笛吹」と題してオリジナルの笛吹をデザインしてもらいました。

「伝統」とはなんだろう?

古いもの、格式あるもの、日常とは離れたところに あるもの…。もしかしたら、そういったイメージが あるかもしれないし、伝統を感じ、考える機会はな かなか無かったかもしれない。けれど、一度これま での一般的なイメージは忘れ、” 自分にとっての伝統 ” を考える機会があってもいいのではないだろうか。

” 伝統 ” は特別なものではない。日常と共にあるもの だ。今も昔も、人々の生活、文化と密接に関わり一人一人の心の中で生きてきた。伝統の在り方は自由 で、色々な意味付けがなされていい。

今回の展示では、その中から ” 日常にある伝統 ” に重きを置いた。この空間には、「育む」「戯れる」「深める」 という 3 つのキーワードから、ジャンルの垣根を越え た ” 伝統とわたし ” が表現されている。 自由で身近な、あなたにとっての ” 伝統とわたし ” を 見つけてもらえると嬉しい。

「わたしの笛吹」企画

中国明時代末期(1621-1644)に景徳鎮の民窯で焼かれた古染付が元となっ た、石川県 九谷焼の上出長右衛門窯で製作される ” 笛吹 ” と呼ばれる湯呑み。 この ” 笛吹 ” をキャンバスに、21 世紀に相応しい様々な舞台でクリエーショ ンを行う5人が、「わたしの笛吹」というテーマでパーソナルな図案を描き、 職人によって製作を行いました。

安藤桃子 / 上出惠悟 / 谷尻誠  / mame / 丸若屋

各 10 客 限定販売 価格 ¥10,500- ( 木箱付き)

皆さんが「わたしの笛吹」というテーマでどのような笛吹をデザインしたのか。また今回、普段は職人が絵付を施している笛吹の急須と汲出碗を、六代目上出惠悟が形も作り直し自身が絵付を施した作品も限定販売しますので、どうぞお楽しみに。

Daikanyama Design Department 2013
「伝統とわたし」

2013年10月23日(水)ー11月4日(月)
代官山 蔦屋書店 T-SITE GARDEN GALLERY

 

「FORMA CHOEMON」発売のお知らせ

Filed under: お知らせ,ハイメ・アジョン,個展,出店・出品 — @ 2012年4月19日

FORMA CHOEMON 登場!

2010年に第一弾を発表して以来、高い人気と次回作への期待が寄せられてきた「上出長右衛門窯 × ハイメ・アジョン」の和食器シリーズ。今春、新シリーズ「FORMA CHOEMON」が発売されます。
長右衛門窯の職人によるブルーの染付が特徴的だった既存のシリーズを、あえてシンプルにハイメ氏がデザインしたフォルムを引き立てました。
アクセントとして金を施し、外側はマットに仕上げ手に馴染みやすいのが特徴です。ハイメ氏らしい東洋と西洋を感じさせるデザインを、職人による繊細な手仕事が完成度の高い新作に完成させました。
本商品に九谷焼の絵付はありませんが、自由に絵を描くように使う人自身がお料理で器を楽しく彩ることが出来ます。本シリーズのコンセプトでもある「絆」を示し、より一層食卓を豊かにするお手伝いが出来ればと思います。

*FORMA(フォルマ)はスペイン語でフォルムの意。

 

20日より発売開始!

渋谷西武でFORMA CHOEMONイベントを開催させて頂きます!

  • 西武渋谷店(東京)

4月24日-5月7日 (最終日は18時まで)
B館8階 ギフトギャラリー Art meets Life

昨年「ハイメ・アジョンの世界展」も大好評だった渋谷西武にてFORMA CHOEMONと既存ライン、更に長右衛門窯も展開致します。皆様のご来場お待ち致しております。

先行発売!終了致しました。

〈ISETAN JAPAN SENSES〉伝統×現代 日常のテーブルシーン

2012年4月4日(水)ー17日(火)伊勢丹新宿店本館5階=ダイニングデコール

伊勢丹新宿店 160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1

急須:21000円/蓋物深型:8000円/徳利:6500円

醤油さし:10000円(右)、花(既存製品) 30000円(左)

作品出展「第1回金沢・世界工芸トリエンナーレ」リファーレ(金沢)

Filed under: 上出惠悟,出店・出品 — @ 2010年5月7日


作品を出展致します。

「第1回金沢・世界工芸トリエンナーレ」

2010年5月8日(土)~6月20日(日)/リファーレ2F
2010年5月8日(土)~5月16日(日)/金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA

(more…)

個展「上出・九谷・惠悟展  九谷焼コネクション」スパイラルガーデン(東京)

Filed under: KUTANI CONNEXION,上出惠悟,個展 — @ 2010年2月15日

上出・九谷・惠悟展 『九谷焼コネクション』
KAMIDE KUTANI KEIGO EXHIBITION “KUTANI CONNEXION”

走る急須

2010年1月6日(水)ー1月20日(水)
スパイラルガーデン
上出長右衛門窯と上出惠悟はスパイラルガーデンにて個展を開催させて頂きます。

□公式サイト
http://www.spiral.co.jp/e_schedule/2010/01/-kamide-kutani-keigo-exhibitio.html
(more…)

Older Posts »