「新作ちょうえもん招猫」発売(東京)

Filed under: お知らせ,企画展 — @ 2015年12月25日

ご好評頂いておりますちょうえもん招猫の新作が発売になります。
招猫金鈴小

ちょうえもん招猫 金鈴

シンプルな金の絵付と紐の結び目が特徴の金鈴は伊勢丹新宿店本館5階=ウエストパークにて発売されます。その他少量生産のレアな猫達が大集合。
ご購入をご検討の方は、在庫が少ないものが多いので是非ともお早めにお運び下さい。

招き猫集合小

ちょうえもん招猫

上出長右衛門窯が初めて作った招猫。鈴がついているものは実際に音が鳴るのが特徴です。右手を挙げているのは金運、左手は人(客)を招くと言われています。

ちょうえもん招猫フェア

伊勢丹新宿店本館5階=ウエストパーク
2015年12月26日〜31日

「小さな山の熊か、小さな熊の山か」(東京)

Filed under: 企画展 — @ 2015年10月23日

小山熊小熊山

九谷 上出長右衛門窯 上出惠悟小展示「小さな山の熊か、小さな熊の山か」

名古屋松坂屋美術画廊で開催された「山の熊か、熊の山か」が小さくなって東京の六本木イセタンサローネで展示されます。卓上の些細な展示ではありますがお近くにお立寄りの際はぜひご覧下さい。

2015年10月24日-11月3日イセタンサローネ

東京都港区赤坂9丁目7番4号 東京ミッドタウン・ガレリア1F/2F

営業時間/11:00~21:00
TEL/03(6434)7975 直通

「PICNIC by KUTANI CHOEMON」(東京)

Filed under: お知らせ,企画展 — @ 2015年5月28日

デザイナー小林幹也氏がピクニックをコンセプトにデザインしたカップ&ソーサーとタンブラー「PICNIC by KUTANI CHOEMON」を小林幹也スタジオが運営するショップTAIYOU no SHITAにて展示発売を行います。

picnic

フォルムと絵柄を小林氏がデザインした「ののはな」は、ピクニックになかなか行けない方でも野原の草や花、風、光を感じてもらえるようなデザインになっています。また絵柄に上出長右衛門窯の代表的な絵柄を落とし込んだものも展示しております。

PICNIC KOBAYASHI MIKIYA

その他笛吹シリーズやピクニックに合いそうな器もいくつか展示販売させて頂いておりますので、是非ともご覧下さい。

小林幹也(デザイナー)
1981年東京都生まれ。2005年武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科卒業。インテリアデザイン会社勤務後、MIKIYA KOBAYASHI DESIGN設立。家具、プロダクトからインテリアデザインまで幅広く携わり、国内外の様々な企業とプロジェクトを手掛ける。2010年 iF product design award 金賞受賞、red dot award受賞など受賞歴多数。
http://www.mikiyakobayashi.com

PICNIC by KUTANI CHOEMON

会期:2015年5月28日(木)~2015年6月30日(火)
場所: DINING ROOM
東京都新宿区西新宿3-7-1 リビングデザインセンターOZONE 6F 
TEL:03-6279-0262(TAIYOU no SHITA
営業時間:10:30-19:00
定休日:水曜日

「九谷 我谷」(京都)

Filed under: イベント,企画展 — @ 2014年3月26日

上出惠悟が出品する展示のご案内です。

石川県の山中温泉より大聖寺川に沿って上流へ車を走らせると、我谷ダムが見えてくる。冨士写ヶ岳の麓にある小さなダムだ。更に上流へ進むと今度は九谷ダムが広がっている。本展はこの二つのダム建設によって水没した集落、我谷村と九谷村にそれぞれ伝えられた稀代なる工藝品、我谷盆と九谷焼に魅せられた二人の作家による器と盆を超えた相互の取組みである。

【我谷盆】生活道具として作られた木の盆といえば平凡であるが、この盆の並ならぬのは堅い栗の丸太をくり出し、のみ跡を残す美しいその彫刻性。

【九谷焼】大聖寺藩の官窯であったが僅か五十年で忽然と消えた色絵磁器。謎めく歴史も然ることながら、圧倒されるはその鮮色さと大胆なる絵画性

◎本展示会は、昨年金沢で開催された「九谷 我谷(G-WING’Sギャラリー)」をもとに新作を加え新たに構成したものです。互いの枠を超えようと模索する両者の取組みにご期待ください。

「九谷 我谷」 森口信一・上出惠悟

現代美術 艸居
2014年4月5日(土)-20日(日)

オープニングレセプション:4月5日 17時-19時

〒605-0089 京都市東山区元町381-2(大和大路通から古門前通を東に入り5件目です)
TEL: 075-746-4456
10:00 – 18:30(会期中無休)

「九谷 我谷」(石川)

Filed under: イベント,企画展 — @ 2013年11月25日

上出惠悟が出品する展示のご案内です。

石川県の山中温泉より大聖寺川に沿って上流へ車を走らせると、我谷ダムが見えてくる。冨士写ヶ岳の麓にある小さなダムだ。更に上流へ進むと今度は九谷ダムが広がっている。本展はこの二つのダム建設によって水没した集落、我谷村と九谷村にそれぞれ伝えられた稀代なる工藝品、我谷盆と九谷焼に魅せられた二人の作家による器と盆を超えた相互の取組みである。

【我谷盆】生活道具として作られた木の盆といえば平凡であるが、この盆の並ならぬのは堅い栗の丸太をくり出し、のみ跡を残す美しいその彫刻性。

【九谷焼】大聖寺藩の官窯であったが僅か五十年で忽然と消えた色絵磁器。謎めく歴史も然ることながら、圧倒されるはその鮮色さと大胆なる絵画性

「九谷 我谷」 森口信一・上出惠悟

G-WING’S ギャラリー
2013年12月10日(火)-20日(金)

〒920-0011 石川県金沢市松寺町子24-1
TEL : 076-238-0771
10:00〜17:00(会期中無休)

「九谷市」のお知らせ(東京)

Filed under: ハイメ・アジョン,企画展 — @ 2012年10月27日

伊勢丹新宿店にオープンした大日本市ショップで九谷市を開催中です。
同フロアではハイメもリアドロとのコラボレーションを展示中です。デザインタイドで大盛り上がりの伊勢丹新宿店に是非お越し下さい。

「九谷焼を楽しく身近に」をテーマに活動するクタニシールと、窯元・上出長右衛門窯の九谷焼を中心に、地元石川県金沢の桐工芸、加賀てまり、目細針、ガラス、お茶をちょっと乙女な視点で取り揃えました。 九谷市限定商品もあります。

詳しくはこちらをご覧ください。

九谷市

10月24日(水)ー11月6日(火)
大日本市

伊勢丹新宿店
東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店5F

TEL:03-5269-8880(直通)
FAX:03-5269-8880(直通)
営業時間:10:30〜19:30
アクセス:JR山手線新宿駅下車 徒歩7分
定休日:施設の定休日に準ずる

百貨店(東京・神奈川)での催事のお知らせ

Filed under: ハイメ・アジョン,企画展 — @ 2011年10月31日

下記の百貨店にて催事をさせて頂きます。お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

そごう横浜店

  • 上出長右衛門窯×JAIME HAYON
  • 上出長右衛門窯

会期:2011.11.1(火)‒ 14(月)
会場:そごう横浜店6階 和食器
詳細はこちら

銀座三越

「いしかわの美しいかたち、かわいいかたち」出展

  • 上出長右衛門窯
  • ちゅう右衛門
  • KUTANI SEAL

会期:2011.11.1(火)‒ 8(火)
会場:銀座三越 9階 銀座テラス/テラスコート
詳細はこちら

日本橋タカシマヤ ※会期終了しました。ありがとうございました。

  • 上出長右衛門窯

会期:2011.10.5(水)‒ 11(火)
会場:日本橋タカシマヤ7階 ギャラリー暮らしの工芸

西武池袋本店 ※会期終了しました。ありがとうございました。

  • 上出長右衛門窯×JAIME HAYON
  • 上出長右衛門窯

会期:2011.10.5(水)‒ 18(火)
会場:西武池袋本店7階 和食器

企画展「ちゅう右衛門のちゅう文品展」福光屋(金沢)

Filed under: イベント,企画展,作品出展 — @ 2010年2月18日

2010年3月6日(土)ー3月15日(月)
サケショップ 福光屋 金沢店
KiKU

企画展「ちゅう右衛門のちゅう文品展」

ねずみの陶工ちゅう右衛門翁は、九谷焼の窯元に棲み、131歳の高齢でありながら、自らろくろ成形や尻尾での絵付けを行い、九谷焼を制作しています。この度ちゅう右衛門翁のご注文により、江戸と加賀の職人が作品を制作することに相成りました。ねずみサイズの小さな小さな品々には職人の粋が凝縮されています。早蕨の候、金沢は石引「SAKE SHOP 福光屋」と、「新竪町KiKU」にて開催致します。是非ともご高覧下さい。

(more…)

企画展「輪島キリモト&上出長右衛門窯」日本橋三越(東京)

Filed under: 企画展,作品出展 — @ 2010年2月17日

2010年3月3日(水)ー9日(火)
日本橋三越本店 本階5F Jスピリッツ

企画展「輪島キリモト&上出長右衛門窯」

輪島キリモト・桐本泰一と上出長右衛門窯・上出惠悟の出会いは、一昨年の2月、金沢での対談企画。ともに伝統工芸の家に生まれ、家族、職人に支えられて育ち、大学で工業デザイン(桐本)、油絵(上出)を学び帰郷。お互いに新たな視点で輪島の木と漆、加賀の九谷焼を提案し、模索し続けています。この「お食い初めセット」は、輪島キリモトスタッフが昨年の上出長右衛門窯個展におじゃましたことがきっかけです。初めてだけれどやんわりと自然にできました。様々な暮らしの中で使われる木・漆と磁器との愉しい組み合わせをご覧ください。

金沢での対談企画
http://www.kanazawa-calendar.com/duitanshangchuhu.html
輪島キリモト
http;//www.kirimoto.net/

(more…)